Pocket

クリスマスのデートに賭けている人は沢山いるでしょう。
それがカップルだけでなく、その日に告白しようとしている人だったら尚更緊張しますね。
クリスマスデートを経験している人の中には、別の意味で忘れられない思い出ができたという人もいるでしょう。
特別な日に失敗をしないために、よくあるクリスマスデートでの失敗例を知っておく事も大切な事です。



「スポンサードリンク
  

迷いすぎた挙句の服装の失敗例

服装の失敗例は女子によくあります。
気合いを入れたのは良かったのですが、おしゃれに気を遣いすぎてかなり薄着でデートに集中できなかったという経験をお持ちの人も少なくありません。
集中できないだけならまだしも大風邪を引いてしまったなんて例もあるほど。
年末が近いので体調を崩すと医者にも行けないし、年末年始の休みに風邪なんて引きたくないですよね。
またその他にも普段履かないヒールを履いて靴擦れを起こしたり、転んだりという危険な事もあります。
あまり無理はせず、動きやすい靴でも可愛いものは沢山ありますので、あまり背伸びをしないようにしましょう。
またブーツを履いていざお店が靴を脱ぐところだったり、彼の家に行った時に脱いだら足の臭いが強烈で失敗したという悲しい事例もあります。
緊張すると自律神経のバランスがくずれるので汗をかきやすくなります。
汗への対策は相手への不快感を考えてエチケットは必ず行いましょう。
これからお付き合いに発展しそうな2人ならなおさらです。

「スポンサードリンク

メインとも言えるクリスマスディナーに関する失敗例

クリスマスデートで非常に多いのが食べる事に関する失敗例です。
まずは予約しなくてもどこかのお店で食べれるだろうといった甘さのせいで、どこもいっぱいだったというパターンです。
クリスマスは普段の予約状況よりも沢山予約が入っています。
それを期待してお腹も空いているのに、食べれない、たこ焼きやしか空いていないなんて事になれば興ざめです。
またその他にも誘われてついていったディナーがファミレスだったり、小汚い居酒屋だったというパターンです。
クリスマスデートは少し特別なデートですから、少し奮発して贅沢なディナーを食べたいと期待するもの。
それがいつも行っているカジュアルすぎる店だとちょっとがっかりするといった意見もあります。
その後で告白なんてされても、全く雰囲気が出ませんのでディナー選びは慎重に行いましょう。

プレゼント選びについての色々な失敗談

実はプレゼントを買っていない人が少なくない事に驚きなのですが、やはり中にはいるそうです。
これは男性に多いのですが、女性からするとクリスマスにプレゼントを貰うのが当たり前という傾向にある中で、男性はどちらかというとプレゼントよりもイルミネーションを見に行ったり、一緒にご飯を食べに行く事で良しとしている場合があります。
プレゼントに対する認識の違いがすれ違いを生んだパターンです。
また女性で多いのが手作りの物をプレゼントして、重いと男性から思われるケースです。
確かに昔は良かったのですが、今は手作りの物を贈るのは時代にそぐわない風潮があります。
そして稀ですが、持っているものをプレゼントしてしまう、またカップルで同じものを贈りあってしまったというケースも。
お金の工面をしてそれだと少し悲しいですので、事前に下調べが必要かもしれませんね。

まとめ

どんな物でも大概は気持ちを形にした物ですから貰ったら嬉しいものです。
しかしあまり背伸びをしすぎて高級な物を送ってしまうと、後の付き合いで誕生日やイベントごとにしんどい思いをする事がありますね。
自分に合ったプレゼントやレストラン選び、デートプランを練る事も大切なのではないでしょうか。
意外と失敗してしまっても、広い心で見てくれるような異性であれば、将来的にも良い相手かもしれません。
雨降って地固まるという事もありますから、あまり失敗を恐れずに突き進んでいってもらいたいですね。

「スポンサードリンク