Pocket

インフルエンザにかかると仕事を1週間ほど休まなければなりません。
しかしどうしてインフルエンザにかかったら会社を休まなければならないのでしょうか。



「スポンサードリンク
  

感染力の高いインフルエンザ

インフルエンザは一般的な風に比べて非常に感染力が強く、咳やくしゃみ、鼻水だけではなく唾液がかかっただけでも感染すると言われています。
熱がなければ感染しない、マスクをしていれば大丈夫と思っている人もいるようですが、インフルエンザは熱が下がった後も強力な感染力を持っていますし、マスクをしていても隙間から這い出たウィルスが感染することは十分あるのです。
ですから自分は大丈夫だから仕事に行く、ということは通用しませんし、重症化する恐れのあるインフルエンザウイルスをまき散らさないためにも仕事は休まなければならないのです。

インフルエンザが感染しやすい時期

インフルエンザの感染力は発症から3日間がピークですが、熱が下がっても3日ほど感染すると言われています。つまりあなたがインフルエンザに感染したのが1日とすると、発症するのが平均2日ですから3日、熱は3日ほど続きますので解熱が6日、そこからさらに感染の心配がなくなるまで3日間休むと9日まで完全に休養を取らなければなりません。発症した3日から9日までですからちょうど1週間くらいの休みと考えられるのです。
会社によって、解熱後2日間は休むことと規定していることもありますし、最低5日は休むこととしている場合もあります。
熱が下がったら一度会社に連絡し、指示を仰ぐこととする場合もありますので、熱が出たらまず会社に電話、会社が休みなら直接上司の連絡先に電話するか、平日朝一番で会社に電話しましょう。

「スポンサードリンク

医師の許可があれば出社できる場合も

インフルエンザに一度かかると二回病院に行くということは、子供の登園許可証や投稿許可証をもらうということでもない限り社会人ではあまりありません。
ただ風邪の症状が続いており、薬が切れそう、病院の休診日と重なるから一度診てもらおうという場合は2回病院を受診することもあるでしょう。その時医師に状態を診察してもらい、感染の心配がないと判断された場合は会社と相談の上翌日から出社することができます。
学校保健安全法などではそのように規定されていますが、会社も同じとは限りませんので、医師から感染の心配がないと言われたということは一度上司に相談して指示を仰ぐようにしてください。
インフルエンザは非常に感染力が強く、1週間は家で安静にしていなければならないと言われています。
周囲に移さないためにも、保菌者であるあなたが自覚して行動することが大切です。

「スポンサードリンク