Pocket

インフルエンザにかかると食欲も失せますが、食事をとらなければ薬を飲むことができません。
ではインフルエンザの時に適した食事はどのようなものがあるのでしょうか。



「スポンサードリンク
  

消化にいいものを取ろう

インフルエンザの時は寝たきりになり、体の回復のために体の全機能が働いています。
そのため消化に使われるエネルギーはわずかですから、消化にいいものを食べて胃腸の負担をかけないようにすることが大切です。たとえばおかゆやおじやなど、ドロドロになったお米は食べやすく消化にもいいのでお勧めです。どうしても食欲がないというときは野菜スープなど飲み込むタイプのものでもいいでしょう。
すっと口の中を通る食事をとるように心がけてみてください。

ビタミンを取ろう

インフルエンザにかかっていると免疫力が落ちていますので、食事で抵抗力を高めてあげることが大切です。
その代表的な栄養素がビタミンですが、特に熱で失いやすいビタミンB群を含む卵やノリは風邪の時でも食べやすいものです。さらに抵抗力をアップすることができるビタミンCはジャガイモやさつまいも、柑橘類に、ビタミンEはカボチャや植物油に多く含まれています。
鼻やのどの粘膜を保護するためにはビタミンAが必須で、牛乳や乳製品、卵を取るといいでしょう。さらににら、にんにく、玉ねぎなどに含まれる硫酸アリルは抗菌作用と抵抗力を高めてくれますのでインフルエンザの時にはお勧めです。
これらの食材を使ってニラやにんにく、卵の入った雑炊や根菜の牛乳スープ、柑橘類を食べるのもいいでしょう。

「スポンサードリンク

水分補給を忘れずに

インフルエンザにかかると高熱が数日続き、体の水分が奪われていきます。ですから水分補給をして脱水症状を起こさないようにすることが大切です。
水を飲む時は冷たい水よりも常温の方が体に浸透しやすいです。イオン調整してあるスポーツ飲料は体の浸透圧を調整してくれますので、発熱時にはお勧めです。ミネラルやナトリウムを含む麦茶、ビタミン補給ができる野菜や果物ジュースも回復に向けて取りたいところです。
塩分を含むみそ汁は発汗効果のあるネギをいれたり、豚汁にして栄養を取るのもいいでしょう。
また炭水化物を取るとエネルギーとなって体力の消耗を抑えることができますので、食べやすいプリンがおすすめです。
このように、インフルエンザにかかったときは症状によって食べやすいものがありますので、その時の状態や食欲に合わせて食事を用意するようにしましょう。
食事も体の回復のためには必要不可欠ですから、大切にしてみてください。

「スポンサードリンク