Pocket

男のアンチエイジング対策には、男性ホルモンの分泌が深い関係を持っています。
男性ホルモンというと、男性型脱毛症であるAGAの原因になっている物質のようによく言われていますが、これは悪玉ホルモンによるものでしかありません。
男性ホルモンがなければ、男らしい体を維持することもできなくなってしまいますから、迫ってくる年齢に耐えることもできなくなってしまいますよ。
仮に男性ホルモンが足りない状態になってしまったとしたら、どんな影響が出てしまうのかということからご説明していくことにしましょう。



「スポンサードリンク
  

LOH症候群を引き起こしてしまうかも

男性でもアンチエイジングというと、美容用品やダイエットグッズなどに目が行きがちになりますが、それらを使ったとしても生活習慣が乱れてしまっていたのでは、その効果も半減してしまいます。
体を作り上げているのは毎日の生活ですから、そこから改めるのが基本なのです。
アンチエイジングに役立つ男性ホルモンを正常に分泌できるようにするためには、生活リズムの基礎と言っていい睡眠は重要。
理想的には7時間程度の睡眠をとるべきと言われていて、その時間もできるだけ毎日同じ時間に取れるようにするのが老化防止には有効です。
深い眠りが確保できるように、ぬるい温度でゆったりとした入浴をしておくのも良いでしょうし、運動で身体的な疲れを作っておくことも良質な睡眠には良い効果が見込めますよ。
運動を継続する習慣が身についていると、筋力が維持できますから体のたるみも予防できますし、代謝も高めて健康維持にも役立ちますので一石二鳥と言っていいでしょう。

「スポンサードリンク

アンチエイジングは生活習慣から

男性でもアンチエイジングというと、美容用品やダイエットグッズなどに目が行きがちになりますが、それらを使ったとしても生活習慣が乱れてしまっていたのでは、その効果も半減してしまいます。
体を作り上げているのは毎日の生活ですから、そこから改めるのが基本なのです。
アンチエイジングに役立つ男性ホルモンを正常に分泌できるようにするためには、生活リズムの基礎と言っていい睡眠は重要。
理想的には7時間程度の睡眠をとるべきと言われていて、その時間もできるだけ毎日同じ時間に取れるようにするのが老化防止には有効です。
深い眠りが確保できるように、ぬるい温度でゆったりとした入浴をしておくのも良いでしょうし、運動で身体的な疲れを作っておくことも良質な睡眠には良い効果が見込めますよ。
運動を継続する習慣が身についていると、筋力が維持できますから体のたるみも予防できますし、代謝も高めて健康維持にも役立ちますので一石二鳥と言っていいでしょう。

体は食べたものでできています

男性ホルモンを分泌するための材料も、毎日の食事から摂取しているのに変わりはありません。
時間の確保が難しいかもしれませんが、できるだけバランスを取って、アンチエイジングに役立つ食品を食生活に取り入れていくことが大切ですよ。
特に男性ホルモンを活発に分泌させるためには、タンパク質の補給が大切。
ただし肉類からばかり補給を続けていると、肥満の原因になってしまいかねませんので、豆類を主体にして植物性タンパク質を多く補給するように心がけましょう。
また、精巣が活性酸素に弱いという性質を持っているため、抗酸化作用の強い玉ねぎやにんにくなどを摂取するのも効果的な男性ホルモン増加法になります。
だからといってこれらだけを摂取するのが良いわけではありませんから、様々な食品をバランスよく毎日の食事へ取り入れていくようにして下さいね。
食べたものでしか体は作られないのですから、食品選びこそがアンチエイジングのキモと言ってもいいのです。

まとめ

男性ホルモンは男性としての機能を保つためばかりではなく、男性の若さや元気を保つためにも重要な役割を担っている分泌物です。
アンチエイジングを考えるのであれば、まずは元気な体づくりに生活習慣の改善から取り組んでみていただければと思います。
一度に全てを実践しようとすると無理が出る元になりますから、自分の出来そうなことから一つずつ生活に取り入れてみて下さいね。

「スポンサードリンク