Pocket

目の下側にクマが出来てしまうと、見た目に不健康そうな印象を与えてしまいやすくなりますし、とても若々しくみてもらうことは出来ません。
このクマは仕事による疲れや肌の老化など、様々な原因でできるものなのですが、いずれにしても良いイメージを持ってもらうことができるものではありませんね。
女性ならファンデーションなどで隠してしまうところでしょうが、男性の場合は流石に抵抗を感じるでしょうから、内側から対策を考える他ないでしょう。



「スポンサードリンク
  

目のクマはどんな現象なのか

一言で目のクマと言われますが、実は原因によって何種類かのタイプが有るものなのです。
目の周りがうっ血した結果として、静脈が透けて見えている青クマがよく見られるものではあるでしょうが、老化が原因でできる黒クマもありえます。
色素が沈着したことで起きる茶クマの場合は、すぐに治ることもありませんので、気持ちを長く保って対策することが必要なものになってしまいますよ。
いずれにしても目の下側にできる、色の濃い部分がクマで、どれであってもプラスの印象を与えられるものではありませんね。
それぞれに原因が考えられるので、その原因を取り払うように対策を行い、出来てしまった場合の回復方法も知っておいたほうがいいでしょう。
クマができてしまったのでは、他の部分でアンチエイジングが出来ていたとしても、その効果は半減してしまう結果になりかねませんよ。

クマの種類別に原因がある

例えば静脈が透けて見えている青クマの場合、目の周りがうっ血している状態になっているのですが、その原因は目の使いすぎが主なものといえるでしょう。
最近ならパソコンを使ったデスクワークがメインの人も増えていますし、この症状に悩まされているという方も多いのではないでしょうか。
また、老化によって発生すると言われる黒クマの場合は、目の周りの筋肉が弱ってきたことで影を作ってしまっているのが原因と言えます。
この場合はたるみによって起きるものですから、皮膚の状態や血行と関わりがありませんので、青クマと同じ対策をしても効果は得られないでしょう。
色素沈着で起きてしまう茶クマは、日焼けの結果として色素が残ってしまっているのが原因です。
彫りが深い顔の人に多く、日射を強く受け続けた結果として、その部分だけに濃くメラニン色素が溜まってしまった結果なのです。
このようにそれぞれで原因が異なりますから、それぞれの対策を考えていく必要がありますね。

「スポンサードリンク

クマの種類ごとに目立たなくさせる方法をご紹介

青クマが出来て悩んでいる方の場合、まずは血行の回復を考えるのが最も有効な対策となるでしょう。
目の周辺を優しくマッサージする方法もよいでしょうし、温かいタオルなどを乗せて、しばらく休んでみるのも回復法としては効果が得られます。
最近なら市販のホットアイマスクも販売されていますから、場合によってはこれらを活用してみるといいですね。
目が疲れている状態なのですから、スマホなどの使用は控えるようにして、目を休ませてあげることが必要ですよ。
クロクマの場合、顔の筋力低下が原因ですので、顔のストレッチを習慣にすると良いでしょう。
特にまぶた周りを動かすようなエクササイズをすれば、筋力を回復させ、黒クマを消すことができるのも時間の問題です。
茶クマはすでに色素が溜まっている状態なのですから、その色素を取り除くような対策が有効。
女性用にアイクリームが販売されていますので、それらを活用するか、シミ消し用の化粧品を使ってみてもいいでしょう。

まとめ

アンチエイジングのために様々な対策をしていたとしても、目の周りにクマができていたのでは、効果も台無しになってしまいかねませんね。
一時的に出来ているクマもありますし、定着してしまっているものもありますが、どれでも消してしまうことができるものなのですから、正しい対策をしましょう。
見た目を若く保つためには、健康的であることも重要。
活力を感じさせる外見を作りたければ、まずは不健康に見えるクマ消しから始めてみるといいですね。

「スポンサードリンク