Pocket

お肌のコンディションがなんとなく悪くなってきた、化粧水の浸透が悪い・・・そんな40代に差し掛かった女性はそう感じているかもしれません。
それはお肌コンディションが若い頃とは違っているから。
実際40代のお肌の特徴とは若い頃とどう違っているのでしょうか。
 

 

 

 

 

エクラシャルム
「エクラシャルム」
限定300名さま980円(送料無料)でご提供。
※無くなり次第終了。



初回限定価格容量評価
980円60g★★★★
 
ニキビを1日でも早く治したい方必見。日本スキンケア協会認定の薬用美白ジェル
 



 



  

40代のお肌の特徴の真実

早い女性なら30代後半から、40代のお肌の特徴としては徐々に肌老化が加速する一方にあります。
若い頃に受けていた肌ダメージが蓄積されたものが現れてくるのです。
それがシミやくすみ、シワという具体的なものとして出てきます。
女性ホルモンの分泌も少なくなってくるのでコラーゲンの弾力もなくなり、ハリもなくなります。
角質層も不安定になり、肌トラブルが起き、ターンオーバーが乱れるので、さらに肌コンディションが悪くなります。
生理周期は若い頃は28日と言われていましたが、40代になるとなんと40日周期と言います。
乾燥が進み、シミやシワ、たるみなどが出てくると言うことはヒアルロン酸がなくなってきているという証拠です。
なんと赤ちゃんの頃の半分程度まで減少。
ハリがなくなるのはそのせいです。
40代からエイジングケアを始める女性は多いですが、実際30代後半からエイジングケアは始めたほうが良いでしょう。
この時期にはシミとシワが目立ち、悩みの種となるので、水分補給をしっかりし、保湿を必ず行うことが大切です。
紫外線対策もしっかり行いましょう。
アンチエイジングケアのためのスキンケアを始めて、すぐに効果を求めるのは難しいでしょうが、続けることが重要です。
使い始めるタイミング、使う期間や配合成分などトータル的にチェックして化粧品を選ぶことが重要なのです。
初めてアンチエイジングの化粧品を試す場合には必ずトライアルキットなどで肌チェックをすることをオススメします。

若い頃からのタバコによる加齢現象

30代までは酷くなかったのに、40代になると顔がコケた印象に映ってしまうという点も40代の肌の特徴です。
それは若い頃タバコを吸っていた女性によくみられる傾向です。
タバコ顔の特徴として目じりにからすじわがくっきり、クマや目じりが下がりほうれい線がくっきりとしてきます。
そもそもタバコは女性ホルモンの分泌を抑制すると言われており、肌のコラーゲンやヒアルロン酸に関わる成分がタバコを吸わない女性と比べると悪化する一方です。
タバコを吸う女性は吸わない女性と比較すると5歳以上もメラニン色素が進行し、シミができやすいと言われます。

皮脂の分泌量が違うことを考えて!

また20代の若い頃と比較すると40代女性は皮脂の分泌量が圧倒的に少なくなります。
これがカサつき肌の原因です。
また毛穴は年齢と共に広がり汚れも目立ちます。
余分な皮脂は毛穴につまり、肌の表面が非常に汚れて見えてしまうのです。
アンチエイジングでは若い頃の皮脂分泌量が少なくなっていることを考え、保湿をしっかりする必要があります。
洗顔石鹸も洗浄力を重視するのではなく保湿効果が高いアインチエイジング効果のあるものがオススメです。
またコラーゲンなど美容成分のある美容液などを使って皮脂量や潤いを肌に与えることも大切です。
若い頃と比べて、ハリが不足するということも分かっています。
これは肌内部のコラーゲンが不足しているということを現しています。
普段からのスキンケアでも分かるように、全体的にハリが失われ、下にたるんだフェイスになってしまうのが40代の肌でしょう。

まとめ

若い頃はメイクをしたまま寝ても、翌朝の洗顔でしっかり落とせばなんとかなると思っていて、しかもその通りになっていたのが、40代では通じなくなってきます。
若い頃は肌内部にヒアルロン酸もコラーゲンもたっぷりあったのに、40代になると急激にそれらが減少してしまいます。
そのためハリがなくなり、シワやしみが出てくるのが40代の肌と言えます。
そのためにはアンチエイジング効果のある化粧品を使い、いつまでもできれば30代の肌をキープしたいものです。