Pocket

普段何気なく選んでいる洗顔料ですが、40代に入ると今までとは違ったお手入れが必要になります。
そのうちの1つが洗顔方法です。
ではどのような洗顔方法が40代女性には適切であると言えるのでしょうか。



スポンサードリンク
  

突っ張る石鹸は卒業?

洗顔石鹸は石鹸だから突っ張るもの、と思っている女性も多い中、40代女性ですでに美容やアンチエイジングケアを意識している女性は石鹸選びから変えています。
美容成分入りの洗顔石鹸を使うと、ツッパリ感はありませんし、洗顔後の肌もしっとりとします。
40代は皮脂分泌が少なくなる時期ですから、余分な皮脂は落としても、必要最低限の皮脂は残して、美容成分を配合してあるものがベストだと言えます。
少し高くても肌に良い洗顔石鹸を選ぶべきでしょう。
ただ、高くてもと言っても限度がありますから、効果が自分には出ないのにそれを続けるのはやめましょう。
自分に合った美容成分のある石鹸を是非見つけましょう。

洗顔方法はどう変えるべき?

基本的な洗顔方法は変わってはいません。
きちんと正しい洗顔方法を常にしてきた女性であれば、それを続ければ良いでしょう。
たっぷりの泡を立てて、泡をクッションにしてふかふかと洗うだけ。
クレンジングに関してはオイルクレンジングを見直し、ミルクやジェルなどクリーミーなものを選びます。
手軽にスピーディにモコモコの泡を立てることができる洗顔ネットを使って石鹸を泡立て、それで洗顔をしている女性も多いでしょう。
手で泡立てるよりもクリーミーな泡立ちが特徴なので、洗顔ネットは是非利用すべきですね。
しかしモコモコ泡、さらにはキメ細やかな泡を立てるにはコツが必要です。
まず泡立てネットに含ませる水はぬるま湯であることです。
水は冷たいのでしっとりした泡を作り出すことができません。
また水滴が落ちない程度まで泡立てネットの水分を落としておくという点も多くの女性が見落としている点です。
ネットがぬるま湯でびしょびしょ状態ではほわほわの泡は作れても、キメの粗い泡に仕上がってしまいます。
必要なら後から水分を足せばよいので、最初は水分を適度に絞った状態で泡を立てていきましょう。
さらに石鹸はケチらないように使うことも重要です。
クッションが作れるほどの泡が立たない上に少ない泡しか経ちませんから、弾力のない泡に仕上がってしまいます。
これらをポイントにしてキメの細かい泡をたっぷり作って、その弾力を使って洗顔をしましょう。
汚れはしっかり落とし、優しく洗顔します。
ただ、すすぎ残しが多いエラ部分はしっかりすすぐようにすることが大切なので、30回はすすぐとそれを回避できます。
30回と言えばかなりの回数ですから、疲れますが、しっかりすすぎ残しを回避できますし、最後に冷水で締めることで毛穴も引き締まります。

スポンサードリンク




石鹸でほうれい線が消える?

無添加かつ美容成分の入った洗顔石鹸で洗顔することで見た目が変わると言われています。
ほうれい線が目立ってきた女性が使い続けていると、黄くすみとともにくっきりとしたほうれい線ができる女性も多いです。
そんな40代になりたくないのなら、やはり美容成分の入った石鹸を選ぶべきでしょう。
ほうれい線ができるのは乾燥肌、もしくは敏感肌に多いと言われています。
乾燥によってほうれい線ができやすいと言うことです。
化粧水もたっぷりつけ、美容液をしっかり浸透させて保湿を徹底的に行いましょう。
美容成分の入った洗顔石鹸を続けることで、お肌に透明感が出てきます。
シミやシワ、黄くすみに悩んでいる女性は今すぐ洗顔フォームから足を洗って美容成分の入った洗顔石鹸を使うようにしましょう。

まとめ

このように石鹸は美容成分が配合されたものを40代からは使いたいものです。
さらには洗顔ネットを使って泡を立てているつもりでも、それが毛穴までしっかり浸透してくれるキメの細かいクリーミーで密度の高い泡を立て、洗顔できるよう心がけましょう。

スポンサードリンク