Pocket

骨盤ダイエットをするにあたってまず自分の骨盤が歪んでいるのかどうかを知っておきたいですよね。
だからといって特に病院へ行って確認しなければならないものでもなく、実はご自宅で簡単に確認することもできるのです。
そんな簡単に骨盤の歪みをチェックできる方法がいくつかありますので、是非とも実践してみましょう。



スポンサードリンク


  

骨盤の歪みチェック「足踏み」で確認

まずひとつが、その場で足踏みをする方法ですね。
立った状態で目を閉じ、50回以上その場で足踏みをします。
終わって目を開け、最初の位置から30㎝以上離れてしまっていたら骨盤が歪んでいる可能性が高いでしょう。
その時に離れてしまった方向によって大まかな骨盤の歪み方も知ることができます。

例えば、最初の位置から前に進んでしまったならば猫背で前の方へ歪んでおり、後ろに下がってしまったならこれも猫背で後ろの方に歪んでいます。
左右に離れてしまったならその方向に歪み、肩が下がっていると言う事になります。

同様に、目を閉じ片足立ちで何度かジャンプをしてみて、最初の位置からの大きくずれてしまっていたらこれもその方向に歪んでいる疑いがあるでしょう。
立ち状態で歪みを確認する方法としてもう一つ、かかと、尻、後頭部を壁にぴったりと付けます。
その時に腰と壁との隙間が広ければ広いほど前傾に、狭いほど後傾に骨盤が歪んでしまっている…といった風に確認することもできます。

スポンサードリンク


骨盤の歪みチェック「靴底のすり減り方」で確認

骨盤が歪んでいると靴の底のすり減り方に左右違いがでますし、左右のバランスに差異があるため何もなくともつまずきやすくなっている場合があります。
立っているときや座っているときに同じ体勢でいるとすぐ疲れてしまったりします。
またすぐに足を組んでしまう、壁に寄りかかったり片足にばかり重心を置いてしまうなど、様々なところで歪みによる症状が出るのでそれを確認してみてもいいかもしれません。

骨盤の歪みチェック「目を閉じて片足で10秒以上立てるか?」

目を閉じて片足で10秒を超えて立てなければ骨盤が歪んでいる見込みがあるといえるでしょう。
右と左両方でチェックしてみて下さい。ふらつく向きに骨盤が歪んでいる可能性があるでしょう。

まとめ

このように、すぐにできる方法で骨盤の歪みをチェックすることができます。
持っているからだの悪い所が骨盤の歪みが原因のものかを確認するうえでも、とりあえずは骨盤状態を知ることが重要となります。
とりあえず自分の骨盤が歪んでいるのかを知りたい、と言う方は是非試してみましょう。
万が一確認していて、異変を感じられた方は、整体といったエキスパートに相談を持ち掛けるのをオススメいたします。 また、一般的なくらしにおいての姿勢に応じて、骨盤は大きく影響されます。
いつでも美しい骨盤の位置を保持する意識を持ってくらししていきましょう!

スポンサードリンク