Pocket

基礎化粧品を使っても肌の悩みが解決しない、スキンケアをしても理想の肌にならないという悩みを持っている方に人気なのがレーザー家庭用美顔器ですね。
レーザーというと専門的なクリニックで行う施術を連想するかもしれませんが、家庭用のものは出力が抑えられているので、誰でも使うことができます。
これから家庭用美顔器を購入しようと思っている方からも注目されているレーザー家庭用美顔器ですが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。



スポンサードリンク


  

レーザー家庭用美顔器とはどのようなもの?

レーザー家庭用美顔器は、レーザー光線を照射することで細胞を活性化させます。
肌細胞というのは、肌の健康に大きく関わっていて、この細胞の働きが衰えていると新陳代謝が悪くなります。

新陳代謝が悪くなってしまうと、ターンオーバーのサイクルが遅くなったり乱れたりします。
ターンオーバーは新しい肌細胞を作り出して、それを表皮の古い角質と入れ替える機能です。
つまり、ターンオーバーが低下するということは、肌の再生が正常に行われなくなるので、あらゆる肌トラブルを引き起こします。
レーザー家庭用美顔器は、肌トラブルの大元である細胞の機能が衰えるのを防ぐことで、健康な肌を生み出してくれるのです。

レーザー家庭用美顔器のメリット

レーザー家庭用美顔器には2つのメリットがあります。

1つ目は、美容効果が高いということです。
美顔器というのは、高周波や低周波、超音波、ローラーなどいろいろな種類がありますが、ダイレクトに肌細胞に働きかける効果が高いのがレーザー光線です。
また、ピンポイントで細胞を活性化できることから、シワやほうれい線など真皮層レベルのトラブル解消にも効果を発揮してくれます。

2つ目は、レーザー光線でケアするので、専用のジェルや美容液などのランニングコストがかからないということです。
普通の美顔器は本体は安いとしてもランニングコストがかかるため、長い目で見ると高額な費用がかかりますが、レーザーは初期投資だけで良いので費用を気にせずケアできます。

スポンサードリンク


レーザー家庭用美顔器のデメリット

美肌効果が高いレーザー家庭用美顔器ですが、もちろんデメリットもあります。

1つ目は、使い方を間違えると、逆にシミなどが出来てしまうことです。
レーザー家庭用美顔器は出力が低く設定されていますが、それでも効果が出るように、他の美顔器よりも刺激が強いです。
そのため、使用時間を守らなかったり照射方法を間違えたりすると、刺激によってメラニン色素が生成されたり炎症が起こることがあるので、使い方には気をつけてください。
2つ目は、美肌効果が感じ取ることができるようにある程度時間が掛かるといった点です。それぞれによりけりですが効果のほどを感じ取ることができるまでに時間がかかることが出てきています。
早いとしても半年、遅めの人だと12か月は必要です。

まとめ

レーザー家庭用美顔器は、効果が高いものほど危険も高くなるので、FDAなどちゃんとした機関の認可を受けているものを選びましょう。
レーザー美顔器は長期的に利用しなければ美肌の結果は出ません。
どの美顔器でも同様ですが、ひらめいたときに使用したからと言って、期待したような美容結果は安易には現れません。
これはレーザー美顔器どの共通してきます。
結局、レーザー美顔器だけではないですが、有効性が高い美容器具以外は、通常、長期的に見ても6ヵ月は継続していくことが必要です。
美容器具の効果に関しましては6ヵ月以上かけてから評価するようにするのが現実にもなってくるわけです。レーザー美顔器も当然ですが、長期的に利用すれば必然的に効果のほどを感じ取ることができるので、あなた自身のペースで使用を継続するのがオススメになるわけです。
早い内に魅力的な肌になってみたい、というはやる思いも理解できなくはないですが、地に足を付けて、少々ゆっくり美しい肌に向かうのが、厳密に言えば良いそうです。

スポンサードリンク