Pocket

エステサロンに通えば、確実にキレイになれそうですが、やっぱりコストが気になりますね。
家庭用美顔器ならエステサロンに通うよりも安いですし、予約したりお店まで行く手間もありません。
と言っても、ある程度の初期費用はかかりますから、どちらでケアをするのが良いか迷ってしまう方もお多いでしょう。



スポンサードリンク


  

家庭用美顔器の良い点

家庭用美顔器の場合、エステサロンのフェイシャルメニューのようにディープクレンジングをしたり、ピーリングをしてから使用することは少ないでしょう。
ですので、例え性能がほとんど同じであってもエステサロンと同じ効果が得られるとは言えません。
しかし、家庭用美顔器ならいつでも好きなときにスペシャルケアができます。
エステサロンでフェイシャルをするとなると、希望日に予約が取れないこともありますし、なんといっても施術を受けるたびに費用がかかります。
家庭用美顔器でも、使い続けていれば肌に違いが現れるので、手軽に美肌を手に入れることがでるのが良い点です。

スポンサードリンク


エステ美顔器とは

エステ美顔器は、機種によっては家庭用美顔器よりも出力レベルに幅があります。
エステサロンのスタッフは、ただ美容機器を使う講習を受けているだけではありません。
肌の構造からトラブルを改善するメカニズムなど、しっかり座学も学んでいます。
ですので、肌の状態に合わせて出力レベルを調整したり、プレケアやアフターケアも変えてくれます。
そのため家庭用美顔器よりも美肌効果が高く、肌の仕上がりもセルフケアとはまったく違った効果が得られます。

どのぐらい出力レベルが違うの?

家庭用美顔器とエステ美顔器の美肌効果の違いは、出力レベルにあります。
出力レベルが高いということは、それだけ肌の深層部に働きかける力が強くなるので、細胞の活性化や代謝を高める効果につながります。
と言っても、家庭用美顔器の機能が極端に劣るわけではありません。
もともと、エステ美顔器も素人が使っても安全なように設計されています。
医療用の場合は医師免許を持った人じゃなければ使えないほど高い出力ですが、エステ美顔器はそこまでの強さはありません。
エステサロンの場合、エステ美顔器の性能が高いというより、クレンジングやマッサージなどの付加価値によって美肌効果が高いので、美顔器の性能に関しては大きな違いはないといっていいでしょう。

まとめ

家庭用美顔器もエステ美顔器も美肌にフォーカスした効果は同じですから、どちらが良いかは人の好みですが、付加価値が必要ないのであれば家庭用美顔器の方がコスパに優れているのでお勧めです。

スポンサードリンク