Pocket

電気代で一番節約できるのは何だと思いますか?
実際、日中明るい時でも部屋の中の電気をつけているとかなり電気代はかさみます。
だから日中はなるべく節約のためには電気を消しておいたほうが良いんですよ。
そんな中でもどうしてもつけなければならないのが夕暮れになってから、夜の間です。
どうしたものかと考えていたら、昨今LEDライトというものが販売されたではありませんか!
どうやら、LED照明は通常の照明よりかなり安い、もちがよいとのことらしいので、実際取り換えてみました。



スポンサードリンク


  

部屋数が多いほど照明代がかかる

部屋が広ければ広いほど、照明の数は多いものですよね。
例えばリビングとキッチンが繋がっている場合、照明が3つは必要になります。
キッチン1つにリビング2つです。
それに部屋の数だけ照明があるので、換算すると3階立ての一戸建てなら6つや7つ照明が必要になります。
照明をリビングだけでもつけっぱなしにしていると1か月の電気代がこれほどまでか!と高くなります。
だから日中お天気の良い日などは照明をつけないようにして、カーテンを開け放っておくと良いです。

スポンサードリンク


LEDライトに取り換えるとどれだけ節約になる?

そんな照明、通常の白熱照明を今噂になっているLEDライトに取り換えることになりました。
どうやら長持ちするし、かなりの電気代節約にもなるようです。
その効果はいかに・・・と思っていたら、実は本当に安かったんですよ!
実際、LEDライトは寿命が長くて点灯も早いです。
4万時間ももつので、蛍光照明の6.6倍とも言われているんですよ。
しかも消費電力は蛍光照明と比べると2倍以上も違うという。
それでいて凄く明るいし、これはいいな、と思いました。
豆電球でも同じことが言えるのですが、やはり明るさとコストから考えるとLEDのほうが明るくてもちもよいということも分かりました。

初期コストはかかるけれど1年あたりの換算で節約可能

蛍光照明を購入するのと、LEDライトを購入するのでは初期コストが違うんです。
蛍光照明よりLEDのほうがはるかに高いからです。
ただ、持続時間が4万時間以上持つという点から見ても、将来的には照明の節約になります。
6畳もしくは7畳程度60から70ワットの蛍光灯が大体は使われていましたが、目安としてLEDに変えるとそれだけで数百円は1か月でお得です。
一部屋でこれだけお得になるのですから、リビングなど大きな部屋であればあるほどLEDにすることで電気代が節約できるんですよ。
だから、LEDライトに替えたことによる元は、数年たてばとれてしまうんです。

まとめ

LEDライトに興味がある人は、是非一度電気ショップで店員さんに聞いてみてください。
若干初期費用はかかりますが、年間考えても、長年考えてもかなり割安になること間違いなしです。
特に新築を購入する予定がある人は、全ての部屋の照明をLEDライトにしてみると良いですよ。
蛍光照明からLEDライトに変更してまだ間もない我が家ですが、3か月でも違いが分かってきました。
これが続くと思うとかなりリーズナブルな買い物だなぁと感じています。

スポンサードリンク