Pocket

スマートフォンを持っているから殆ど固定電話を使わない、という家庭も増えているようですね。
しかし我が家でもそうなのですが、殆ど使わないにも関わらず、いざという時のために固定電話は持っています。
スマートフォンより固定電話のほうが通話料金はリーズナブルですし、子どもにスマートフォンを持たせるのはまだ早いと思っているので連絡用にと置いています。
まだまだ需要がありますが、少しでもこの電話、安くならないかと考えて実践してみました。



スポンサードリンク


  

今までのNTT回線を使っているのなら、光電話へ!

今まで固定電話は回線をNTTの回線を使っていたのですが、NTTひかり電話というものを取り扱い始めてから、回線をひかりに変えました。
するとずっと今までよりも金額が安くなったんです。
光ファイバーというものを使用するので、インターネットも使っているのならなおさらお得です。
もちろんパソコンは自宅にもありますから、Bフレッツというものを使うことで基本料金がかなり大幅節約できました。

スポンサードリンク


たったワンコイン

ひかり電話の基本料金はたったワンコインです。
アナログの固定回線だと2,000円前後になりますが、月に1,000円近くも安くなる計算です。
年間では15,000円以上もお得になります。
2回回線使えるオプションをつけても千円にも満たないので、1階と2階、両方に電話を置いても節約になります。
携帯電話で固定電話にかけるとコストがかかるという場合は、固定電話と固定電話でかけるほうが断然安いので、我が家はそのようにして、相手先の固定電話にかけて長時間話し込んでも安心できます。
それに固定電話がなければ困るというわけではないのですが、一部のフリーダイヤルでは固定電話でしかかけられないところもあるんです。
携帯でわざわざ通信料を払ってかけなければならない場合、オペレーターに待たされたりすることもあり、料金がかさみます。
その点、回線を見直して固定電話を安くすることでフリーダイヤルにも固定電話にもやすくかけることができます。
必須とは言いませんが、やはりまだ固定電話の需要はあると思ってもよいです。

プロバイダを見直すことも必要かも

プロバイダの乗り換えによって、固定電話の回線を変えることもできます。
私はプロバイダを変えることはありませんでしたが、念のため伝えておきます。
プロバイダを乗り換えても利用者に何ら不便はありません。
開通から1年間プロバイダ無料というキャンペーンが行われている場合もあるので、その点からすると回線見直しの場合、プロバイダも一緒に見直すという手段もあったでしょう。

以上の様に固定電話の回線サービスを見直すことで電話料金を削減することができます。
実際、使ってみて思うのですが、それほど固定電話の料金は変わらないんです。
ただ、使った月には回線を変えていないと高額な電話料金がくる場合もあるので、やはり回線は見直すべきだと思いました。
いざという時のための緊急用にも固定電話は1つ家庭に置いておいたほうがよいですね。
特に小さな子供がいる場合は連絡用に置いておいたほうが良いですよ。

スポンサードリンク