Pocket

スーパーでたっぷり入っているボリュームのある鶏むね肉。
でもこれは一歩間違えるとぱさぱさの感触になってしまい、美味しさも半減してしまいます。
しかし安いに越したことはありません。
節約しようと決めたからには鶏むね肉をうまく使って食費節約に乗り出そう、と思ってから、色々調べて鶏むね肉を美味しく仕上げる方法を考えてみました。
ボリュームもあって満足できた鶏むね肉料理を紹介してみましょう。



スポンサードリンク


  

たまねぎのすりおろしにつけて鶏むね肉ステーキを

実はたまねぎのすりおろしに鶏むね肉をつけると、軟らかくしかもジューシーに仕上げることができるということをネットで知りました。
そこですぐさま実践してみました。
たっぷりボリュームのある安い鶏むね肉を買ってきて、まずは観音開きにしてから火を通りやすくします。
そのままたまねぎのすりおろしとショウガ、醤油と酒、みりんの調味料に30分ほど付け込んでおきます。
それから余分な水分をキッチンペーパーで取ってから、片栗粉をまぶし、フライパンで焼くだけ。
それだけで外側カリッ中はジューシーな鶏肉ステーキのでき上がり。
家族もお腹満足、私もお財布満足の自慢の一品になりました。

スポンサードリンク


マヨネーズを使ったふわふわ焼き

マヨネーズを使うと鶏むね肉がふわふわに焼けると知って、それも実践してみました。
繊維に逆らって鶏むね肉を切って、マヨネーズとお酢など調味料に1時間ほどつけます。
それから調味料の水分をキッチンペーパーで切ってから小麦粉をまぶして、そのまま弱火でフライパンを使い焼きます。
するとぷるっぷるふわふわの鶏むね肉のこんがり焼きができあがりました!
マヨネーズの力って凄い!って思った一瞬でした。
今後マヨネーズ活用は必須だな、と思えた逸品です。

ピカタにチャレンジ

鶏むね肉はどうしてもパサつくイメージがあるので、ピカタにしてみました。
ピカタだと卵でふわふわと包まれているので、パサ付き感を感じずに美味しく食べることができます。
卵に粉チーズを混ぜて鶏むね肉を適当に切ってから卵に絡めて焼きます。
焼きすぎはNGなので、弱火でこちらも仕上げます。
ふわふわしたチーズと卵に包まれた鶏もも肉もしっかりした味わいがあって美味しい料理の一品です。
がっつり肉を食べたいという場合、鶏むね肉をピカタにすることでパサ付き感がなくふわっと仕上がりつつも肉の味がしっかりするのでオススメです。
卵と鶏むね肉、粉チーズがあればできるので、とても簡単に作ることができます。

まとめ

鶏むね肉の取り扱いが難しい・・・と思っている主婦の皆さんも多いかもしれません。
パサつきがやはり原因の1つですが、たまねぎのすりおろしやマヨネーズなどの調味料を活用すればジューシー柔らかく仕上げることができることを知りました。
鶏むね肉は大量に入っておりしかも安く売られているので、買っておいて損はない生鮮食品です。
タイムセールなどで安売りしている場合は2パックか3パックくらい買って冷凍保存しておくと便利だったです。

スポンサードリンク