Pocket

皆さん、ボックスティッシュってどうやって使っていますか?
そのまんま使っていませんか?
それは実は勿体ない、節約には向いていないことを知っていましたか!?
実はティッシュは半分でも充分使用できるたんです。
これを知った時には衝撃でしたが、実際やってみると半分のティッシュでも充分鼻はかめるし、花粉症の自分ですらその半分ティッシュで充分対応できたので、これはやらなければ損そのもの!
ティッシュって意外と高いですから、節約のためにもやってみてください。



スポンサードリンク


  

ティッシュを半分に切る方法

まずはティッシュをボックスから全て出してしまいましょう。
そこからティッシュを半分にする方法が始まります。
実際、自分もティッシュを箱から出したのは初めてだったのですが、ふうん、こうなっているのかーという感じでした。
そして、切れ味の良いハサミで3分の1くらいの量をチョキチョキ切っていきます。
一度に全部切ろうとすると恐らく失敗するのではないかと思ったので、自分は3分の1くらいの量をとって、チョキチョキと切ってみました。
すると重ねてみるとボリュームが2倍に!
でも心配なのは使用面でした。
使用する面が少ないと、やはり2枚3枚と使ってしまいそうで・・・。
しかしそれは心配無用で、2つに切断しても充分使える大きさだったのが分かりました。

スポンサードリンク


専用ボックスも販売されています

実は後から知ったのですが、ティッシュを2つにカットしたものを入れる専用のボックスも販売されているようです。
インターネットを検索していたら、たまたま見かけたのですが、かなりこじゃれていて良かったので購入しました。
すっぽり2倍量のティッシュが治まって、スペースも取らずにスッキリしましたよ。
ティッシュの箱をそのまま使うという方法もあるようですが、自分はそれほど器用ではないので専用ボックスに入れています。

箱ティッシュは高い!

ボックスティッシュ、つまり箱ティッシュは実際高いですよね。
安売りでもやっぱり常に使う日用品だから買わなければならないものだけれど、まとめて買うとより高い。
今では箱なしティッシュの中身だけ販売されていて、専用箱に入れると良いというエコなティッシュもあるみたいでした。
でも2等分にカットしたティッシュのほうが断然2倍お得です。
ボックスティッシュを買いに行く頻度も減りました。
その分節約できていると言うことだったんでしょう。

まとめ

ボックスティッシュは花粉症、風邪の時など大量に使うものですが、使えば使うほどどんどんなくなっていきます。
そして日用品なので常に使います。
だからどうにか節約できないものかと考えていたのですが、この方法は大当たりでした。
1枚の使用面積も申し分なく、充分花粉症や風邪の鼻水にも対応できます。
実際この方法は昔から存在していたようです。
しかしそれを知らなかった自分はどんどんボックスティッシュを無駄使いしていたようですね。
家族で花粉症や風邪を引き起こした場合は特に重宝すると思うので、覚えておくとよいですよ。

スポンサードリンク