Pocket

ふるさと納税の特産品としてビールなどのアルコール類を扱う自治体もあります。
ふるさと納税を利用して、この機会に様々な地域の地酒を味わいましょう。

「スポンサードリンク
  

アルコール類が貰えるふるさと納税

ふるさと納税のメリットのひとつは、地方の自治体からその地域の名物である特産品をもらえることです。
特産品の中には、ビールなどのアルコール類が含まれている自治体もあります。
ふるさと納税を利用して普段なかなか手に入りにくい珍しいお酒ももらえるので、お酒好きの方には朗報です。
お酒を特産品として用意している自治体は、現在全国で150以上あります。
ビールやワインをはじめ、焼酎や日本酒など、中にはネットでも手に入らないものもあります。
本来であれば、現地を訪ねなければ口にすることができないようなお酒もあるので、そうした地酒を飲むことで現地へ旅をしている気分になりますね。
ふるさと納税をすることで、地方の経済発展に貢献し、自分も恩恵にあずかれるのはうれしいですね。

「スポンサードリンク

どれだけの量のお酒をもらえる?

ふるさと納税は、自治体へ寄付をすると自己負担金2,000円を超えた分は所得税・住民税から控除されるというしくみです。
実質の負担は2,000円のみで、さらに寄付をした自治体からは特産品をもらえるので、特産品が2,000円以上相当のものだとかなりお得感があります。
アルコールの量については、1万円寄付をすると日本酒一升瓶2本をくれる自治体もあります。
自己負担金2,000円でこれほどの量のお酒をもらえるのはかなりお得です。
その他、名水にこだわった味わい深いビールなども人気のある特産品です。
特産品は2,000円以上の価値のあるものだと、ふるさと納税をする価値も十分ありますね。
2,000円相当のものですと、自分で買っても同じになってしまいます。
お酒好きの方は、自分の気になる全国各地の地酒をチェックして、アルコール類を扱う自治体に寄付をしましょう。

「スポンサードリンク