Pocket

ふるさと納税の寄付の使いみちを選ぶ注目のポイントをご紹介します。
自分の寄付したお金がどのように使われるのか分かれば、貢献したい地方の自治体へ寄付する意欲も高まります。
寄付の使いみちを選べるのはふるさと納税のメリットのひとつです。



「スポンサードリンク
  

寄付の使いみちを選ぼう

ふるさと納税の寄附先は自分で選ぶことができますが、選ぶポイントになるのはどんな点でしょうか。
もらいたい特産品を用意している自治体も選ぶポイントになりますが、自分にとって大切な町や応援したい地方を選ぶのも大切なポイントになるのではないでしょうか。
自然災害などにより支援を必要としている地域を支えたい場合は、被災地を選ぶこともできるでしょう。
このように、ふるさと納税は自分がどの自治体に貢献したいかによって寄付の使いみちを選ぶことができるのです。
ふるさと納税は、寄付という形で払いますが、寄付金は税金から控除されるので納税と呼ばれます。
私たちの大切な税金をどのように使うのかを自分で決められるのがふるさと納税の特徴です。
ふるさと納税は、貢献したい自治体を選べるだけでなく、寄付の用途についても選択できるんです。
寄付の用途にはどんなものが含まれるのでしょうか?

「スポンサードリンク

寄付の用途にはどんなものがある?

ふるさと納税の寄附先として、昔よく旅行に行った懐かしい町を選ぶかもしれません。
緑豊かな自然をいつまでも保護してほしいと願うことでしょうし、貴重な文化財を保護してほしいと願うかもしれません。
ふるさと納税は、自分の寄付が具体的に何に使われるかも選ぶことができるのです。
または、福祉施設や救急医療、災害対策に寄付を役立ててほしいと思うかもしれませんし、子育てや教育事業に役立ててほしいと思うかもしれません。
自分のした寄付が形になって、実際の支援になれば寄付をした側も充実感がありますね。
寄付を役立ててほしい自治体を調べ、どんな仕方で町に貢献できるのかを考えてみるのも良いかもしれませんね。

「スポンサードリンク