Pocket

ふるさと納税を利用する場合、ワンストップ特例によって確定申告が不要となります。
ワンストップ特例ができたことで、確定申告しなくてもふるさと納税の適用を受けることができるようになりました。



「スポンサードリンク
  

ふるさと納税ワンストップ特例とは

本来ふるさと納税は、確定申告や個人住民税の申告をすることによって寄附金控除を受けるしくみになっています。
ワンストップ特例は、そうした申告を行わなくても寄附金控除を受けることができる制度です。
ワンストップ特例を利用すると、税金が住民税から控除されるので、住民税が安くなります。
ふるさと納税を行った翌年6月以降の住民税から控除されることになります。
ワンストップ特例は、確定申告が本来不要な人が利用することができるでしょう。
確定申告が必要になる人は、このワンストップ特例を利用することができませんので注意が必要です。
例えば、事業主や不動産収入がある、保険の満期金を受け取ったり不動産を売ったりした方です。
また、2か所以上から収入をもらっている、つまり給料以外の収入がある方も確定申告が必要となるので、ワンストップ特例を利用できません。

「スポンサードリンク

ワンストップ特例誰が利用できる?

確定申告をしなくていいのは魅力的に聞こえますが、確定申告が不要になる便利なワンストップ特例を受けるには一定の条件があります。
まずは、会社員であり給料を1か所からしかもらっていない、そして年収が2千万円以下であることです。
そして、医療費控除など他の控除を使う場合はそのための確定申告が必要になるので、ワンストップ特例を利用することができません。
自営業は本来確定申告が必要となり、ふるさと納税のために確定申告をしない理由にはならないので、同じくワンストップ特例は利用できません。
ワンストップ特例を受ける人は、ふるさと納税で寄附する自治体は5自治体までとなります。
同じ自治体でも、複数回寄付をするならその分カウントされますので覚えておきましょう。

「スポンサードリンク