Pocket

一般家庭がふるさと納税を利用する場合はどんな点に注意したらよいのでしょうか?
ふるさと納税はお得とよく言われますが、お子さんがいる一般家庭についてはどうなのか気になりますね。



「スポンサードリンク
  

一般家庭はふるさと納税で得をするのか

ふるさと納税は、寄付額のうち自己で負担する金額2,000円を差し引いた分が所得税・住民税から控除されるしくみです。
所得が低い場合は所得税・住民税が非課税となるので、ふるさと納税をしても税金から控除されることがなくなります。
所得税だけ払っていて、住民税が非課税となっている場合も、ふるさと納税によって税金の控除にはなりません。
一般家庭で小さいお子さんがいる場合、扶養控除を受けているかもしれません。
また、専業主婦など配偶者控除を受けている場合は、税金がすでに控除されていることがあります。
その場合でも、もちろんふるさと納税を行うことはできますが、ふるさと納税から受けるメリットはほとんどなく、損する場合もあるので注意が必要です。
ふるさと納税からメリットを受けられる人は、配偶者控除や扶養控除がない、または高収入で税金が多く取られている人でしょう。
共働きをしている夫婦や、独身で扶養する家族のいない人はふるさと納税から受ける恩恵が大きいと言えます。

「スポンサードリンク

一般家庭は何に注意したらいい?

お子さんがいる家庭でも、果たして非課税になっているのか分からないかもしれません。
正確な情報は源泉徴収票で知ることができますし、役所で確認することもできます。
一般家庭で年収が少なく高校生以上の子供がいる場合、また他の控除を受けている場合にふるさと納税を利用するのは注意が必要です。
所得税・住民税が軽減措置されていたり非課税になっていることがあるからです。
ふるさと納税の上限額も低くなるため、寄付をして損することになるかもしれません。
ふるさと納税をお得に利用したいという一般家庭は、税務署や役所に相談して自分の上限額の目安を確認することをおすすめします。

「スポンサードリンク