Pocket

40代になると一気にホルモンバランスが乱れてくる時期になります。
ですから今アラサー世代の女性は40代のスキンケアを意識しながら美しい40代を迎えるために、今から勉強しておく必要があります。
ホルモンバランスの乱れによりハリが失われ、シワやたるみが出てくる40代、うまくお肌のケアを行って美肌をキープしましょう。
 

 

 

 

 

エクラシャルム
「エクラシャルム」
限定300名さま980円(送料無料)でご提供。
※無くなり次第終了。



初回限定価格容量評価
980円60g★★★★
 
ニキビを1日でも早く治したい方必見。日本スキンケア協会認定の薬用美白ジェル
 



 



  

40代には先手を打ったスキンケアを

まず40代のお肌ケアは何より先手を打つのが賢い選択肢。
コラーゲンとエラスチンという潤い成分がどんどん減っていく40代だからこそ、先手を打って潤い成分を補っていきましょう。
肌の角質化もホルモン変化によって皮脂が減少してカサつきがちになりますから、くすみ肌にもなりやすくなります。
そのために目じりや口元、眉間に現れる表情シワを先回りして改善しましょう。
まずまだまだ働く女性のためにはクレンジングが必須ですが、肌の乾燥を防ぐためにはマイルドなミルククレンジングに切り替える必要があります。
40代ともなるとあまりに濃いメイクをしている女性も少なくなってきます。
また肌年齢をカバーするために濃いメイクをしている女性はポイントリムーバーを使って濃いメイクのみ落とし、ベースは優しいクレンジングを使う必要があります。
それで肌の乾燥を防ぎましょう。

スキンケアは何より保湿!保湿ケアでお肌を守る

水分の保持量が少なくなる40代。
なんと20代の半分にもなると言われています。
そのためスキンケアは保湿、保湿を重視しましょう。
これを補うためにスキンケアとして摂りいれたいのがセミラド配合の化粧品が欠かせません。
ヒアルロン酸入りの化粧品も良いですが、分子レベルが大きいので肌内部まで浸透しないこともありますから、セラミドが良いと言われています。
ただ、最近では低分子化したヒアルロン酸を使っている化粧水も登場していますから、自分の気に入っているコスメを選ぶこともできます。
また真皮コラーゲンに有効なのはやはりビタミンC誘導体入りの化粧品でしょう。
シミやシワ対策に欠かせないのがビタミンCです。
真皮のコラーゲンはコラーゲン配合の化粧品では強化されません。
保湿成分として有効なコラーゲンは保湿成分として役割を担ってくれますが、保湿力を強化するためには基本的にはビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶ必要があります。
またニキビができる40代女性もいますが、化粧水と美容液だけは最低限つけるようにします。
ニキビは皮脂が多量に分泌されたりホルモンバランスが乱れてできるものです。
ですから美容液などでしっとり保湿を行います。

コラーゲンを増やすクリームで内側からの潤いを

保湿保湿と言っても色々アイテムがあるので迷ってしまいますが、グリセリンや尿素、アロエベラやはちみつなどがベストです。
カサつき肌から水分の蒸発を防ぎ、内側へ潤いを与えます。
コラーゲンを増やすためのクリームとしてコエンザイムQ10が配合されているクリームを選ぶことも必要です。
これは天然コラーゲンを生成する刺激となるので是非取り入れましょう。
またレチノイドを使っていない場合、レチノールがベースとなっているクリームを使うと、ゆっくりですがコラーゲン生成を増やす働きをしてくれます。
角質のターンオーバーに働きかけ、新しい皮膚細胞を作り上げてくれます。
レチノイドより刺激が少ないので肌が敏感な女性にはぴったりですね。
またアイクリームで目元ケアも必須です。
目の周りや口元は特に乾燥が目立つので、アイクリームは40代になったらマストアイテムとして揃えておきましょう。

まとめ

基礎化粧品を間違って使っていると30代でも40代でも効果を発揮することができません。
正しい使い方を覚えておきましょう。
このように40代でもお肌を健康に、美肌に保つためにはやはり何より工夫も必要ですし、化粧品の選び方も変わってきます。
どんどん肌年齢が出てくる時期に差し掛かってきますから、お肌のケアはしっかり行いましょう。