Pocket

当たり前のことですが、家庭用美顔器がどんなに高性能であっても、効果が得られないことがあります。
それは、間違った美顔器の使い方をすることです。
裏を返せば、使い方によっては、家庭用美顔器が持つ効果を高められる可能性もあるということです。

いずれにしても、デリケートな肌に美顔器は使うものですから、正しい使い方をして安全に美肌効果を高めて使いましょう。



スポンサードリンク


  

家庭用美顔器の使い方とは

家庭用美顔器は、取扱説明書の指示に従って正しく使うことが重要ですね。
そんなの当たり前と思うかもしれませんが、早く効果を得たいという思いから、
取り扱い説明書を熟読しないで、美顔器の使い方を間違える人も多いのも事実です。

家庭用の美顔器であっても、出力の大きさや機能によって使用頻度や使用時間が違います。

例えば、家庭用美顔器でもっともスタンダードな超音波美顔器でも、周波数は機種ごとに異なります。
周波数が高いものだと、振動数が少ないため3日に1度ぐらい使っても大丈夫ですが、低いものは振動数が細かいので深部にまで届きます。

周波数が低いものを頻繁に使ってしまうと、肌に負担がかかるため逆に効果が出にくくなるのです。

また、どんな家庭用美顔器でも使用時間の上限を超えると美肌効果が低下するので気をつけましょう。

美肌効果を高めるには?

家庭用美顔器は、使用頻度や使用時間は決まっていても、いつ使わなくてはいけないという決まりはありません。
ですが、美肌効果を高める時間帯があるのです。

スポンサードリンク


イメージ的には、朝使った方が日中のダメージから肌を守れるので良さそうに思えるでしょう。

しかし、日中のダメージは朝のスキンケアで対応できるので、それよりも成長ホルモンが肌細胞の修復を行う夜に使うのがおすすめです。
成長ホルモンが働くときに、美容成分をしっかり浸透させたり、振動で細胞を活性化すると相乗効果によって美肌の効果もアップします。

美顔器を使う時の注意点

美肌になるために働く家庭用美顔器ですが、使わない方が良い時があります。

それは肌トラブルが起きている時や、生理中や妊娠中など女性ホルモンの分泌量が変化している時です。

トラブルがあったりホルモンバランスが崩れていると肌は敏感になっているので、家庭用美顔器による負担が大きくなります。
家庭用美顔器は肌の衰えを活性化する効果は期待できますが、敏感肌に使うと逆にトラブルが悪化することがあるため使わないようにしましょう。

まとめ

家庭用美顔器は手軽にケアができる分、正しい使い方を確認せずに使用してしまうことが多いです。
美顔器の効果を活かすためにも、アップさせるためにも、使い方はとても重要なのでしっかり確認してから使ってください。
説明書に書いている指示に従って使用すれば大丈夫です。
家庭用美顔器を使う前は、必ず説明書を読んでおくといいですね。
高価な美顔器ですので、性能を100%活かせるように、賢い使い方をして美肌効果を高めましょう。

スポンサードリンク