Pocket

ふるさと納税の寄附先は、自分の出身地以外でも選べるのでしょうか?
寄付をする自治体をどう選ぶのかポイントをご紹介します。

「スポンサードリンク
  

ふるさと納税の寄附先

ふるさと納税と聞くと、自分の生まれ育ったふるさとを想像することでしょう。
実は、ふるさと納税は自分のふるさとや現在の居住地とは関係がありません。
過疎化や地方間格差によって税収が減少してしまった地方自治体を活性化する目的で、このふるさと納税が導入されました。
寄付をする自治体については、自分で決めることができます。
もちろん、自分が居住している自治体へでもかまいませんが、親戚やお友達がいて昔からなじみのある地方や、応援していきたい地方を選ぶこともできます。
ふるさと納税は、寄付をすれば自己負担金2,000円を除く税金が所得税・住民税から控除され、寄付をした先の自治体からは特産品が頂けるというシステムです。
たくさんのメリットがあるうえに、地方の経済を助け活性化につながるので、ふるさと納税を利用して地域に貢献していきたいですね。

「スポンサードリンク

寄附先を選ぶポイント

ふるさと納税の寄附先は自分で選ぶことができますが、特定の地方の経済発展を助けたいという願いがあるかもしれません。
また、自分が小さいときによく旅行で訪れた地域や、歴史のある地域、これから発展していってほしい地域など人により選ぶポイントは様々でしょう。
他にも寄附先を決めるときに考えたいポイントは、その地方の特産品です。
特産品は地域により様々で、食品であれば高級国産和牛やうなぎ、旬のフルーツなどがあります。
これらの高級食材は、普段自分で買おうとはなかなか思わないかもしれません。
この機会に、美味しそうな特産品をゲットするために、どの自治体がどんな特産品を提供しているか事前に調べるのが良いでしょう。
特産品は、食品の他にもレジャー施設の優待券など家族やお友達で楽しめるものもあります。
魅力的な特産品をもらえるのはふるさと納税の魅力と言えるでしょう。

「スポンサードリンク