Pocket

公務員やサラリーマンであってもふるさと納税を利用できるのでしょうか?
公務員やサラリーマンがふるさと納税を行う場合、確定申告をすることができるか?メリットやデメリット等々を解説していきますね。



スポンサードリンク
  

ふるさと納税とは?その目的は?

私達が必ずしなければならない納税、その方法の1つにふるさと納税というものがあります。
いったいふるさと納税とはなんなのか?その目的はなんなのか?それぞれを見ていきましょう。

ふるさと納税とはなんなのか?ふるさと納税特徴は?

まず、ふるさと納税というのは自分の好きな都道府県や、市町村に税金を収められる仕組みのことなんです。
これまでは納税先の自治体を選ぶことはできませんでしたが、ふるさと納税を使えば好きな自治体に税金を支払うことができるんですね。

しかも、ふるさと納税にはいくつかのメリットがあるんです。
たとえばある自治体ではふるさと納税をすると地域の特産品がもらえたりしますし、簡単に言えばお礼の品がもらえちゃうわけです。

これはふるさと納税の大きな特徴の1つになっています。
また、ふるさと納税をすることで税金の控除があるので本来支払う分の税金の額が安くなります。
好きな自治体に納税できて、さらに節約ができたり物がもらえる、これがふるさと納税なんです。

ふるさと納税の目的は?

次にふるさと納税の目的です。
これはなんといっても地域の活性化だと思います。

これまでの仕組みだと住民の多い自治体にばかり多額の税金が収められ、地方の自治体ほど税収が少ない傾向がありました。
でも、ふるさと納税を利用することで自分の故郷に納税ができてその税金を使って自治体は地域の活性化をはじめ色々な活動ができるようになります。
納税先を選択できるようになったので国民1人1人が税金について今まで以上に考えるようになる機会も増え、そういった意味でもメリットがあるんですね。

ふるさと納税をすることで自分の故郷に恩返しができ、税金の控除というメリットも生まれます。
それでいて各自治体が税収を増やすことができればお互いにとって有意義なことですよね。
これがふるさと納税の仕組みと目的で、今では多くの自治体が魅力的な贈り物でふるさと納税を呼びかけているんです。

これまでとは違った形で納税できるふるさと納税は私達にとっても非常に魅力的な制度です。
子供の頃住んでいた地域に感謝の気持ちを込めて納税するのもいいかもしれませんね。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の注目が高まっていて、興味がある方も多いと思います。
ふるさと納税の仕組みはどうなっているのか、これから活用するためにも知っておきたいですよね。

ふるさと納税の仕組みとは

ふるさと納税の仕組みを簡単に紹介すると、自分の好きな地域に税金を収めて、そのお礼として特産品をはじめ豪華なプレゼントをもらおうといった感じです。
しかもふるさと納税を利用すると税金の控除があるのでこの点も大きなメリットですね。
つまり自分の故郷など、好きなところに税金を収めるのがふるさと納税という制度なんですね。
厳密に言うと納税ではなく寄附に該当するんですが、税金が控除されるので実質的には納税と同じことになります。

具体的にどのくらい税金が控除されるのか、これは寄附した金額、つまりふるさと納税で払った金額から2,000円を引いた額が控除額となるんです。
たとえばふるさと納税で10,000円を払った場合だと、2,000円を引いて8,000円が所得税と住民税から控除されます。
これを見てもふるさと納税がかなりお得な制度だとわかりますよね。
ふるさと納税をすれば税金の控除だけじゃなく特産品などのお礼のプレゼントももらえるのでさらにお得なんです。

税金の控除があってプレゼントまでもらえる、なんでこんなにお得なのかと思ってしまいます。
これにもしっかり理由があって、ふるさと納税で地方の自治体の収入を増やしたいという思いがあるんです。
多くの人が東京など都会に出ていくと、都会の税収だけが増えて地方の税収は減ってしまいますよね。
これを防ぐための制度としてふるさと納税が作られたわけです。
地方の収入を増やすためにふるさと納税を使ってもらう必要がある、それなら利用してくれた人にメリットがないとだめだろうというわけですね。
こうして私達にとっても嬉しいふるさと納税という制度が生まれたんです。

ふるさと納税の仕組みをしっかり理解しておくと色々なメリットが受けられちゃいます。
税金の控除もプレゼントもどちらもとても嬉しいものなのでふるさと納税を積極的に活用していきたいですね。

公務員・サラリーマンがふるさと納税を行うメリットとデメリットは?

公務員の方やサラリーマンの方がふるさと納税を行う場合、メリットとデメリットの両方があるんです。
どっちも知っておかないとふるさと納税をした方がいいのかどうかもわからないので注意しましょう。

公務員・サラリーマンがふるさと納税を行うメリット

まずメリットから見てみましょう。
ふるさと納税を行うメリットはいくつかあるんですが、たとえば税金の還付はもっとも大切なメリットの1つですね。
ふるさと納税は厳密に言うと納税じゃなく寄附なんですが、ふるさと納税を行うことで寄附した金額のほとんどが還付金として戻ってくるんです。
これはつまり税金が引かれるのと同じことなのでとてもお得ですよね。
もしふるさと納税で50,000円を寄附したとすると、還付金として48,000円が受け取れます。
2,000円は自己負担になってしまいますがそれでも大きなメリットと言っていいと思います。

公務員・サラリーマンがふるさと納税を行うデメリット

次にデメリットはどうでしょうか。
さきほど、還付金を受け取れるのがメリットと紹介しましたよね。
でも還付金を受け取るためには確定申告をしないといけないんです。
普段していない確定申告をしないといけない、この手間がふるさと納税のデメリットなんです。
確定申告はやり慣れていないと何をどうすればわからないというケースが多いですし、なかなか面倒な作業です。
還付金をとるか、確定申告しないという楽さをとるか、ここがふるさと納税のポイントですね。

この他にも、ふるさと納税をすることでお礼の品がもらえたり、自分の好きな地域にお金を寄附できるなど、ふるさと納税にはメリットがあります。
デメリットとしては還付金を受け取るための確定申告が必要というくらいで、メリットの方が多いのは間違いありません。
確定申告の手間さえ気にならないなら積極的にふるさと納税をした方がいいかもしれませんね。

ふるさと納税は斬新な制度で上手に利用すればお得です。
公務員やサラリーマンの方もどんなメリットとデメリットがあるのかを把握して、しっかりメリットを活かせるようにしたいですね。

公務員はふるさと納税を利用できる?

公務員のいる家庭はふるさと納税を行えるのか考えたことがおありかもしれません。
ふるさと納税は地方の自治体を援助するために行う寄付であり、ふるさと納税を行うことによって自分の住んでいる自治体の税収が減ってしまうことになります。
公務員という立場上、自分が勤めている自治体をまず第一に考えるべきと思いがちかもしれませんが、他の自治体に寄付をすることは自由にできるのです。
公務員もふるさと納税を利用して、寄付金の自己負担金2,000円を除いた全額が所得税・住民税から控除を受けること、さらに特産品をもらえる恩恵にあずかりたいと思うのではないでしょうか。
ふるさと納税は最近、メリットがたくさんある控除制度として注目を集めています。
さらに、支援が必要な地方を自分で選び、税金の使いみちまで選べるのはふるさと納税の意義深いところだと思います。

公務員の場合確定申告はできる?

本来公務員には確定申告が必要ではありません。
所得税の納税は、源泉徴収で給料から天引きされ年末調整されるので、確定申告は不要になるわけです。
しかし、本来確定申告が不要な方も、ふるさと納税の寄附金控除を受けるために新たな制度が適用されることになりました。
寄付金税額控除に係る申告特例申請書を提出することで、寄附金控除を受けるようになるというものです。
公務員も控除を受けられるので、ふるさと納税からメリットを受ける人はますます増えています。
まとめますと、公務員も確定申告ができます。
そして、もしも給与以外に収入がある場合には、確定申告で申告しなければ控除を受けることができなくなってしまいます。
確定申告の期限は、ふるさと納税をした翌年の3月15日までとなりますので、必要な方は忘れずに行いましょう。

公務員・サラリーマンふるさと納税のやり方流れ

ふるさと納税はお礼の品がもらえてしかも税金も控除されるとメリットがたくさんありますよね。
ここではふるさと納税のやり方について紹介します。

スポンサードリンク


公務員やサラリーマンがふるさと納税やり方

ふるさと納税では、まずどの地域に寄附をするのかを決めて、次にお礼の品が複数から選べる時は自分の好きなものを選びます。
ふるさと納税という名前になっているくらいなので自分の故郷に寄附をする人が多いんですが、お礼の品で選ぶ人も多くなっていますね。
実際、多くの地域で特産品などの魅力的なお礼の品を用意しているのでどんな物があるのか選ぶのも楽しい作業なんです。
この2つが決まったらお礼の品を届けてもらう住所や、寄附金の支払い方法なんかを選択しましょう。
最終的に寄附をすれば完了ですね。

寄附を行うと後日お礼の品が連絡していた住所へと届けられます。
この時、寄附をしましたよという証明書も一緒に送られてくるはずなので必ず保管しておきましょう。
証明書は確定申告の時に必要になるとても重要な書類なんです。
これを失くすと確定申告しても税金の控除が受けられずお金の無駄、なんてことになっちゃうので気を付けましょう。

ふるさと納税を行ったら必ずやっておくべきことが確定申告です。

ふるさと納税をしただけだと税金の控除は受けられないので、必ず確定申告をして税金の控除を受けるようにしてくださいね。
面倒だなぁと感じるかもしれませんが、証明書さえあれば後は確定申告するだけで控除も受けられるのでしっかり済ませておきましょう。

確定申告の時に一緒に証明書を提出すればそれで大丈夫です。

確定申告をして税金の控除を受ければふるさと納税に関わる作業はすべて終わりとなります。
こうして見てみるとそれほど難しい手続きではないと感じられたんではないでしょうか。
簡単な手続きでメリットもある、それがふるさと納税なんですね。

公務員やサラリーマンの方だと確定申告の必要がありますが、それでもふるさと納税は便利な制度です。
上手に活用してお礼の品をもらいつつ税金の控除を受けることがポイントですね。

公務員・サラリーマンのワンストップ特例申請のやり方

ふるさと納税は税金の控除もあってとても便利ですが、確定申告が面倒でどうにもやる気が出ない、なんて人も多いんじゃないでしょうか。
そこでここでは確定申告が不要になるワンストップ特例申請という方法を紹介します。

公務員、サラリーマン「ワンストップ特例申請という方法」

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をする自治体が5つまでなら確定申告が不要になりますよ、という制度のことです。
たとえば自分の故郷にふるさと納税をする場合、寄附をする自治体は1つなので確定申告をしなくてもいいんですね。
ここでポイントなのはふるさと納税をした回数じゃなく、寄附先の自治体の数が5つまでということです。
同じ自治体に10回ふるさと納税をしたとしても確定申告は不要なんです。
これはとても便利な制度なので、確定申告をしたくないという人は積極的に利用していきましょう。

ワンストップ特例制度を申請できる人の条件は、寄附を行った年の所得について確定申告をする必要がない人、1年間のふるさと納税の寄附先が5つまでの人、となっています。
なのでふるさと納税に関係なく確定申告する必要がある人はワンストップ特例制度を使えないんです。
この2つの条件を満たしていればワンストップ特例制度を使え、確定申告が不要になる仕組みですね。
申請の方法は必要書類を寄附先へと送るだけなので簡単です。

ワンストップ特例制度で必要になる書類は3パターンあります。

・マイナンバーカードの両面の写しが1つ。
・番号通知カードもしくは住民票の写しと運転免許証もしくはパスポートの写しが1つ。
・番号通知カードもしくは住民票の写しと健康保険証、年金手帳、寄付先自治体が認めている公的書類の中から2つの写しが1つ。

これらのいずれかを用意しておけば大丈夫です。
用意した書類を自治体へと郵送すればワンストップ特例制度の手続きが行われ、確定申告が不要になり仕組みです。

ふるさと納税で唯一のデメリットになりそうなのが確定申告の手間ですよね。
その確定申告が不要になればもっと気軽にふるさと納税ができるようになるのでとても嬉しい制度です。

公務員・サラリーマンの控除額の上限とは?

ふるさと納税では税金の控除がありますよね。
でも控除の額には上限が決められていて、それ以上の控除は受けられないようになっていますので注意しましょう。

自分の控除額の上限とは?

じゃあ自分の場合だと控除の上限はいくらになるのか、これが大事ですよね。
ただ、控除の上限はその人の収入や家族構成などによって変わるため1人1人違うんです。
正確な額を出すためには色々な計算をしないといけないのでとても大変です。
ここでは収入ごとの目安として紹介していきます。

たとえば年収が300万円で独身の人の場合、控除の上限はおよそ28,000円です。
つまり、寄附の額が28,000円までなら自己負担額の2,000円を除く全額が控除の対象になるわけですね。
逆にこの金額を超えて寄附すると一部が控除の対象にならない可能性が出てきます。
年収が同じでも家族構成によって上限は変わるのでそれもポイントですね。
独身じゃなく配偶者が居て共働き、さらに高校生のお子さんが1人いる場合、控除の上限は19,000円になるんです。
10,000円近い差があるのがわかりますよね。
こんなふうにふるさと納税の控除の上限は収入と家族構成で複雑に変化するんです。

年収別に独身だと仮定して見ていくと、400万円だと42,000円。
500万円だと61,000円。
600万円だと77,000円。
700万円だと108,000円。

こんな感じで単純に年収が多いほど控除の上限も上がっていく仕組みですね。

先ほど説明したように実際には家族構成などで正確な額は変わるのでしっかり計算しないと具体的な額はわからないんですが、参考にはなります。
正確な額を知りたい時は自治体に相談するなどして、計算方法を教えてもらうのも良い方法ですね。
ふるさと納税が行えるサイトでもシミュレーションができるようになっていたりするので、そちらを利用するのもおすすめですよ。

控除の上限はふるさと納税をするならぜひとも知っておきたい要素です。
計算が必要なのでちょっと面倒ですが上限を超えないように注意したいですね。

公務員・サラリーマンへ「さとふる」をオススメする理由とは

みなさんはさとふるというサイトをご存知でしょうか。
ふるさと納税が行えるサイトで、公務員やサラリーマンの人にとてもオススメなんです。

公務員・サラリーマンの皆さんが「さとふる」を使うメリット

さとふるがオススメな理由の1つは、サイト上で簡単に寄附先が選べる点です。
ふるさと納税では自分の故郷に寄附することも多いんですが、最近はお礼の品も充実しているので品物によって寄附先を選ぶことも増えていますよね。
さとふるなら全国174の自治体に寄附ができて、お礼の品もチェックできるんです。
サイト上で手軽に確認しながら寄附先を選べるのでとにかく便利で使いやすいわけです。
これならお礼の品で寄附先を選びたいなという時でも安心ですね。

寄附の仕方を選べるのもさとふるの魅力の1つです。

本来、ふるさと納税の支払い方法は各自治体が決めていて自治体によっては支払い方法が限られることも珍しくありません。
カードを使いたかったけどだめだった、なんてこともあり得るんですね。
でもさとふるならクレジットカード払いをはじめ、コンビニ払いや携帯払いなどの支払い方法から自由に選べます。
自分の好きな方法で寄附ができるようになるんです。
これは意外と大きなメリットで、気軽にふるさと納税をできるようになります。

そしてなんといっても使いやすいこと、これが最後のオススメの理由です。



子供子供

このブログでは「ふるさと納税のやり方」に悩んでいる多くの人が使っている「さとふる」というふるさと納税についてまとめてるサイトを紹介しています。

もしよければ「さとふる」も参考にしてみてくださいね!!




公務員 ふるさと納税 さとふる


さとふるでは単にふるさと納税をできるだけでなく、ふるさと納税の仕組みなどについても紹介してくれています。
初めてふるさと納税をするという人でも基礎からしっかり学んで、制度をよく理解したうえで寄附ができちゃうんですね。
わからないことも多いふるさと納税ですからこれはありがたいです。
寄附をするまでの流れや、税金の控除なんかについても紹介されているのでさとふるを見れば誰でもふるさと納税ができちゃいます。

ふるさと納税はなんとなく難しそう、そんなハードルの高さを感じている人も多いかもしれません。
でもさとふるのように便利なサイトがあり、誰でも簡単にふるさと納税できるようになっているので興味を持ったらまずはさとふるを見てみるのがオススメですよ。

スポンサードリンク